神戸市立医療センター整形外科専門研修プログラム

神戸市立中央市民病院 整形外科 OBの声

神戸中央市民病院の研修を終えて

平成27年卒の藤田暁と申します。僕は2年間の初期研修を京大病院で行いました。初期研修2年目で半年間整形外科を選択し、そのまま修練医1年目として半年間、計1年間大学在籍後中央市民病院で2年間研修させて頂きました。 今は西市民病院に在籍しております。中央市民病院では日々の診察・手術についてだけでなく、学会発表、論文作成までご指導いただき非常に有意義に研修することができました。整形外科の分野は多岐にわたっていますが、各分野の専門の先生方に直接ご指導いただき、考え方を学ばせていただくことで整形外科医としての基礎を作ることができました。新専門医制度が始まりましたが、京都大学は関連病院が充実しており偏りなく様々な症例を学ぶことができると思います。その中でも神戸プログラムは阪神地区の基幹病院が多く常に豊富な症例とともに充実した研修ができました。今後も学んだことを活かして頑張っていきいと思います。

神戸市立医療センター中央市民病院後期後のスタッフより

平成26年卒の松永一宏と申します。僕は和歌山日本赤十字医療センターで初期研修の2年間学び、後期研修の2年間は同病院の整形外科にて過ごしました。その後、京都大学医学部附属病院整形外科での半年研修を経て、後期研修医最後の半年間は、この神戸市立医療センター中央市民病院にて学ばせて頂きました。

これまで整形外科の基礎のみならず外傷についても数多く学んで参りましたが、当病院に赴任後、救急科が中心となって多職種と連携し、より重症な外傷に対して迅速な診断と早期の治療へと繋げるスピード感に圧倒されました。また様々な地域から搬送されてくる外傷患者から外傷整形を学べるだけでなく、当病院と連携している近隣の整形外科医からの紹介を初期の頃から診察できる点で、様々な慢性疾患の診察および手術の勉強においても大変貴重な経験となりました。僕は新専門医制度からは外れている学年ですが、仮に新専門医制度の学年となるならば、この病院を選びたいと思えるようなプログラムです。

今後もここで教えて頂いた事を活かし、努力を続けたいです。

CONTACT

オープンボーンカンファレンス日程


第4回オープンボーンカンファレンス特別講演会令和3年 5月 15日(土) 15:00~となっっています
第7回症例検討会 8月21

第8回症例検討会 12月12日

ー 当サイトはスタッフ間情報共有の場としても使用しています。 ー

京都大学整形外科学教室の阪神地区における関連病院での研修プログラムの案内をしています。これから整形外科医を目指して研修を希望される初期研修終了予定、終了後の先生方を対象としています

- 本サイトは医療従事者を対象としております。一般の方々の閲覧はご遠慮ください -

ブログ更新情報

ブログを見る

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
神戸市立医療センター中央市民病院
〒650-0047
神戸市中央区港島南町2-1-1
(平日 9:00〜17:30)
担当部門
担当者 塩貝 智彦
電話 (078)302-4321
Email:  kyoikubu@kcho.jp
URL:http://chuo.kcho.jp/
PAGE TOP